読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惑の落し穴

恋はすべてどこまでも片思いだ。

担当が「FINEBOYS」のレギュラーモデルを卒業しました。



担当が『FINEBOYS』のレギュラーモデルを卒業しました。

FINEBOYSという雑誌は多分女子で言うところのSeventeenかViViとかの立ち位置なんじゃないかなと勝手に思っています。メンズノンノとかもあるし、挙げだすとキリがないけれど。男子のお洒落バイブル!みたいな感じ。そんなファッション雑誌のレギュラーモデルに担当が抜擢されたと初めて知ったときは、嘘でしょ?という気持ちよりも「やったよ!!!モデル!!!毎月カッコいい格好をした自担見れるよ!!」っていう喜びの方が大きかったことのように思います。

ツイッターを見て下さってる方はご存知ですが、
わたしの担当はHey! Say! JUMP中島裕翔くんです。
担当ってさらっと言ってますがジャニオタじゃなかったら絶対に伝わらない言葉ですよね。ファン=担当。
裕翔くんは今グループの中で一番と言っていいほど身長が高いです。コンサートではある意味便利です。その身長で大体の位置を確認できるので。ですが、別意見もあって。高身長のジャニーズタレントは利便性が低いという記事を前にちらっとどこかで見かけたことがあるんです。
確かにそうだなあ、と思ったのを覚えています。随分前なのでどこの記事だったのかは覚えていないのが残念なところ。

裕翔くん自身も、身長が伸びたことによって立ち位置が端っこや後ろの方になったりと、あまり良いイメージは抱いていなかったみたいです。のちにインタビューで語ってくれています。確かに最初はセンターにいた子が成長するにつれて外れていくという過程を見ているとちょっと辛くもなるし、見ていると胸がキュッと痛む時期もありました。お仕事が全くなかった時期とかね。

なので、モデルのお仕事は本当に転機だったんです。
今までマイナスの要素だったものを一気にプラスとしてお仕事に活かせるなんて、気持ち的にすごく楽になったんじゃないかなって勝手にわたしは思ってます。グループの中で明確に決めているわけじゃないけどなんとなくポジションがあって。ドラマや映画、舞台、バラエティ、そこに新しくモデルというジャンルが加わった。どこに向かえばいいのか、正直わからなかった時期もあると思うけど、モデルに抜擢されたことで自分の求められているものがわかって「ああ、自分にはこういうこともできるんだな」「こういう役割もあるんだ」って分かり始めるとやっぱり見せ方も変わってくるんじゃないかと。現に裕翔くんはモデルの活動を始めてからアイドル雑誌でもポーズや表情、視線のやり方、少しずつ少しずつ自分なりに変えていったように思えます。でも全く変えてしまうのではなくて今まで自分がアイドルとして積み上げてきたものと上手くミックスさせて自分の幅を広くしているような、感じ。見ていてすごく楽しかったです。今でも楽しいです。モデルというお仕事はその後の映画『ピンクとグレー』にも役立っていると思います。要所要所に、ああ、ここモデルとしての経験が活かされているなぁと垣間見えるポイントがあって、裕翔くんの中でアイドルが一番大きな基盤で、その上に俳優とモデルがそれぞれ別のパーツで乗っかっているんだなと勝手に思っています。積み木みたいな感じです。…伝わるかな…(笑)

今回卒業ということで、ツイッターのタイムラインでは結構終わることを寂しく言っている方もいて。でもわたしは全然そんなことを思っていなくて。でもやっぱりいざ最後の号を手に取ると、胸にグッとくるものがありました。約4年半。『FINEBOYS』という雑誌を通していろんなモデル・中島裕翔を見せてもらいました。ずっと見つめ続けてきたのにまだ知らない裕翔くんがたくさんいて、それを引き出してくれた全ての関係者の方々に感謝でしかないです。あの時、中島裕翔の名前を出してくれてありがとう、と。そうでなければ、きっと潜んだままだった裕翔くんがたくさんいたと思います。
ハーフパンツだったりダメージスキニー、MA-1やスカジャンなど、絶対にFINEBOYSじゃなければできなかったことで。知りえなかったことで。ちなみにわたしはMA-1の裕翔くんがすごく好きでした!あと、キャップ!帽子被ると裕翔くん10割り増しで可愛くなるんですよ〜〜!かっこ良くもなるけど!


「ありがとう、男前な中島裕翔。」
と誌面にはありましたが。
ありがとう、FINEBOYS編集部の皆さま!ですね。

来月号から裕翔くんは誌面にはいません。
レギュラーモデルとして載ることはないです。
でも、またいつかFINEBOYSに載る日が来ます。新たなことにチャレンジをして大きく成長した裕翔くんが今よりももっと素敵に誌面を飾ってくれます。その数年後、もしかしたら一年後とかかもしれないけど、楽しみが待っていると思えば、卒業も寂しくないですね。新たな一歩!

 

約4年半、本当にお疲れ様でした!!
モデル・中島裕翔!最後の撮影も男前でした!!