読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惑の落し穴

恋はすべてどこまでも片思いだ。

映画「64 -ロクヨン- 」を観たので。

映画 邦画 感想文


ポスターがカッコいい。


f:id:eaan:20170214013342j:plain


映画を観るのが好きなんです。ツイッターの方でも結構呟いたりしてるので知ってる方も多いと思います、が。
ずっと気になっていた「64 -ロクヨン- 」という映画をやーっと観ました…!前編後編の二部作でキャストの方々がすごい豪華なんですよ!名だたる方ばかり。これだけよくスケジュール合ったなーって感心しながら観てました。キャスティングに感心しちゃう…(笑)!主演の佐藤浩市さんをはじめ、綾野剛さんだったり榮倉奈々さん、緒形直人さんや三浦友和さん、瑛太さん、窪田正孝さんなどなど。字面だけ見ても豪華すぎて凄まじい……。
原作は横山秀夫さんの同名小説で映画は原作とはまた違ったラストなんだそうです。それを聞くと原作も読みたくなっちゃう。


大体のお話はこんな感じ。

昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。未解決のまま14年の月日が経ち、時効まで残り1年となった平成14年。警察庁長官による現場慰問が行われることとなり、県警では被害者の父・雨宮との交渉が進められていた。交渉を担当していた県警警務部広報官である主人公・三上は警察を全く信用せず慰問を受け入れない雨宮の態度に疑問を抱き、独自で「ロクヨン」事件を調べ始める。持ち上がる警察内部の隠蔽工作
そんな時、「ロクヨン」事件を模倣した誘拐身代金事件が発生するーーーー…。

  

もうね……こんなに胸が苦しくなる刑事ドラマってないなぁと。THE・邦画!って感じでした。説明が雑だけど。
アクションいっぱい。銃も撃ちます、みたいな刑事ドラマも好きだけど、ロクヨンみたいな一歩一歩犯人を追い詰めていく、でもそれが上手くいかない。現実に近い刑事ドラマも好きだなって改めて思ったり
邦画ってこういう地味なんだけどグッと心に迫ったり、感情を揺さぶられる感じが素敵。すごく好き。
感想文とか苦手なので話の筋には全然触れられないんですけど、一つの事件を解決することがこんなに時間を要して遠回りするのか…って切なくなります。主人公の三上はただ真相を知りたいだけなんですけど、それがいろんな事情で叶わない。
上司からの無謀な命令を熟さなければならないし、マスコミからは色々といちゃもんをつけられて揉めるし、私生活では娘が家出をして行方がわかっていない。いろんなことを抱えながら、それでも信念を貫いて犯人を追い続ける。そんな三上の姿にもどかしくなったり、胸が苦しくなったり、うるっときたり…。

前編の最後は三上の一人語りなんですけどそれがもう泣けて泣けて、こんなに泣ける刑事ドラマって最近なかなかなかったなぁ、としみじみ思いました。自分の気持ちをわかってくれない相手に対して下手に言葉を取り繕うのではなく、本当に心からの「なんでだよ」「どうしてだよ」って言葉に感情が乗っているというか滲み出ている感じで最後のシーンは三上を演じている浩市さんの演技力に泣かされました…もうたまらなかった…。
インタビュー記事を読んだところ、この場面の約9分間、長回しで撮ったんだそうです。回想シーンも入るからカットもできるのにあえて長回しで撮りたいと浩市さんが監督に頼んだそうで…役者魂すごいなぁ、って。感情の起伏が難しくて、でもそれを上手く表しているから、観ている私たちも引き込まれてまるでその場でこのセリフを言われているような気になる。
そんなシーンを終えて、話は後編へと。

思いっきりネタバレになっちゃいますが、
二度起きる誘拐事件、二度目の被害者が一度目の犯人です。
被害者が加害者になってしまうという負の連鎖。被害者が隠蔽やら色々あって警察なんてもう信用できないと自分の力で犯人を見つけるんです。一度目の、昭和64年に起きた「ロクヨン」事件の際、警察内部で隠蔽された出来事がきっかけで一人の男が警察を辞めるんですが、その人物が被害者の父親の協力者となり誘拐犯の娘をさらう、という。ざっくりだけどこんな感じ。

 

話は変わりますが、私、窪田くんが好きなんです。結構前から。
なので映画の窪田くんのシーンで結構うるっときてしまって。
窪田くん演じる日吉浩一郎は元NTTの職員で他人のために役に立ちたいという気持ちから科捜研に入ります。入ってまだ間もない頃「ロクヨン」の場に招集されるんですが、その事件以降14年間引きこもっているという役どころ。「ロクヨン」事件の際、誘拐事件でよくある電話の声を録音する機械が何かしらの不都合で使えなくなり、犯人からの電話を一回分録音できずに終わります。その録音作業を日吉くんが任されていた為、かなり責められ、また自らも自分のことを責め、引きこもりになってしまったんです。また当時の班長に「誘拐された子供に何かあればお前のせいだ」と言われてそれもかなり重たく乗っかったんだろうなと。
ひどいよね…そこまで言う〜?って胸が痛くなっちゃった…。
主人公の三上がその言葉を聞いてなんとか日吉くんに立ち直って欲しいと、お手紙を出します。自分の娘も家出して行方が分からなくなっているので、その娘と重ねて見ているのかも。
何を書こうか色々と考えて考えて、一言だけ。


「君のせいじゃない。」

これを読んで、日吉くんは号泣。私も号泣。
こんなシンプルな短い文が一番心にクるんですよー…。
一番言ってほしくて、一番言われにくい言葉。
誰が言うかによって重さも何もかも変わってしまう。
いろんなことを抱えた三上だからこそ言えた、君のせいじゃない。この言葉が日吉くんを救ってくれるんです。
出てくる場面は少ないのに完全に感情移入しすぎてて……幸せになって…日吉くん…。

 

完全に最後は日吉くんの幸せを願う展開になってしまったけど「64 -ロクヨン- 」よかったです!!
前編後編それぞれ2時間ぐらいあるので合わせると4時間になってしまうけど、それでも全然じっと見てられる映画。頭の中で出来事を追いかけながら見ていたので時間は意外とあっという間で、原作も読んで同じ場所と違う場所を照らし合わせたりしたいなぁ、なんて。
あと、キャストが豪華すぎるので画面がもう強烈!!!
瑛太綾野剛と坂口健太郎が映ってる時なんかすごい顔面偏差値だな!?って思いながら見てました…さすが映画…いや映画でもここまで揃えられないと思う…。しかも豪華キャストをちょい出しするんですよ。刑事本部長役の椎名桔平さんは多分数シーンしか出てない。なのに印象に残ってるから、やっぱりすごいなぁ、いっぱい出ればいいってもんじゃないんだね…それにしても椎名桔平の使い方が贅沢だった…。

なんのまとまりもないし、脈略もないブログで申し訳ないです…!この興奮と熱を伝えられたらそれでよし、なので!
よかったらぜひ見てください!
映画「64 -ロクヨン- 」おすすめです。間違いなく。