読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惑の落し穴

恋はすべてどこまでも片思いだ。

「しょうがないね」

※あくまで個人的見解です。




いろんな方がいろんなことを言っていて、そうだなぁと頷ける部分もあるし、いやそれは違うと首を横に振る部分もある。人が違えば解釈の仕方がこんなにも違うんだなぁと今回改めて実感しました。
わざわざ触れることはないのですが、気持ちの踏ん切りをつける為に敢えて書き出してみようと思います。

アイドルという職業について考えを巡らせたことが過去に何度かあります。求めることが人それぞれ違う。偶像化している人もいれば現実味を求める人もいて、かと思えば漫画の中のようなファンタジーさを求めてみたり。
そんなアイドルにとって切っても切り離せないのが恋愛です。肯定派、否定派と色々に分かれるかと思います。捉え方が人によって違うわけですから当たり前ですね。私も未だに自分がどの括りに入るのか分かりませんが、こんな文章を書いている時点で肯定はできてないですね。
熱愛やスキャンダルが苦手でして、今回の騒動を知った時も正直ざわざわしていました。勝手ながら私の中では、少し売れ出したモデル上がりの女優さんや、猛プッシュされているタレントさんだったり、その人達よりは良いお相手だとは思います。肯定はしていません。さすがに年齢差には驚きましたが裕翔くんが昔からずっと年上の女性が好きなことは知っていましたから、ああ、そんな上まで許容範囲だったのねー…と、思う程度でした。
随分大きく報道されていましたが、今注目されている女優さんの初スキャンダルですから当たり前ですよね。7連泊というとインパクトがあるのでニュースにしやすいですし、その相手が約20歳年下で尚且つ現役人気アイドルだったらこぞって報道するだろうなあと。

私のいけない部分だと思うのですが裕翔くんに関しては甘く考えてしまいがちで、「裕翔くんだからしょうがない」の一言で割と私の中では済んでしまうことが多いのですが、今回の騒動はさすがに上手く咀嚼できないでいました。
というより、大々的に報道されているのを見てすごく不安でした。人は勝手なもので一時的なイメージが強く頭の中に残るものです。
世間一般の方は中島裕翔と言えば最近よく目にする『ジャニーズらしくないジャニーズ俳優』と捉えているかと思います。そんなまだイメージが定着していない段階で7連泊するような人なんだ、と思われてしまうことが正直嫌でした。
好青年でいてほしいとも真面目キャラでいてほしいとも思ったことはありませんが、イメージが良いか悪いかで言えばあまり良くはないだろうと思うからです。


私は裕翔くんのことをよく天使だと表現しますがそうであってほしいと思っているわけではなく、天使みたいに無邪気で可愛い部分も好きだという意味で言っています。人間である以上すべて期待通りではないですし、だめな部分ももちろんあります。そういう意味では裕翔くんも一人の人間なんだなぁと知ることができたのは少し嬉しかったです。弱い部分もあるし、私達と同じように生きているんだな、と。

ですが、裕翔くんは芸能人でありアイドルです。
その存在そのものに価値があり、行動一つで何もかも左右されてしまいます。芸能人だからこうでなければいけない、アイドルだからしてはいけない、と決め付けたくはありませんが特殊なお仕事をしている以上、普通の人と同じことをしてはいけないと思うのです。もしくは表には出さないようにすることが大切なのではないかと思います。
今回の報道でも分かったように数年前と違い、グループ・個人共に知名度が上がった為か注目度もそれと比例して上がりました。プロとして扱われているということです。それならば、隠すことも大切なお仕事だと思うのです。慎重な性格ですし目先の事だけに捉われるような人ではないと思っています。ただ、お仕事に恵まれている時期なだけに隠し通せなかったことが残念でならないです。
自分が起こしたことが原因でどう物事が変わってしまうのか、自分の目で見て確認して自分の置かれている立場をしっかり見つめ直してほしい。そして改めて、どうあるべきかを行動として表すべきだと思います。

先程、裕翔くんのことを「目先の事だけに捉われるような人ではない」と言いましたが、捉われてしまったとしてもそれは人間ですので仕方ない事です。……ここが私の中で矛盾する点でした。許したいけど許したくない、そういう思いが絡まり合ってよく分からなくなりました。許そうが許すまいが関係ないんですけどね。自分で決めるしかないのです。本人達は知る由もない事なので。

それと同じように、私達が知らなくてもいいことがあります。知ってしまえばいろんな感情が芽生え、素直に好きでいること応援することが難しくなってしまうからです。
もちろんアイドルである前に一人の人間だと思っています。それ相応の経験を積み当たり前に恋をして、それを糧にお仕事に励んでいるアイドルの方もいるかと思います。私達に与えられている楽しさやときめき、原動力、そういったものが彼らの私生活の色々な出来事のおかげで成り立っているのかもしれません。分かっているつもりなので構わないのですが、それは私達が知らなくてもいいような気がするのです。


色々考えてみても、実際のところ私は変わらず裕翔くんが好きでした。ファンとしての気持ちと女の子としてのジェラシー!だとか色々な感情が溢れて驚きましたし、こんなに短期間で感情の起伏が激しくなったことはなかったので戸惑いもしました。知ってしまうと深読みをしすぎて、それが結果自分の首を締めてしまうことがあります。アイドルにファンタジーですとか非現実的なことを求めている訳ではないと思っていても、心の何処かでは求めているのかもしれませんね。

そうは思っても、根本にあるのは裕翔くん大好き!という気持ちだけで、逆に言えばそれだけでここまできています。頑張る姿を見ていたいし、少しでもいいからファンとして支えてあげたい。
色々思いながらも離れられないならしょうがない、と諦めに似たような気持ちでファンを続けることが私の中での答えでした。「しょうがない」という言葉は本当に便利です。認めたくないことも認められるようになるし、嫌なことも飲み込める。なるようにしかならないなぁと、ツイッターをお休みしながら考えていました。

裕翔くんだって完璧ではないです。
ですが今回の件を正当化しようとは思いません。きっと良い意味で自分を見つめ直す機会になったと思います。いつかでいいので、私達ファンに何かしら伝えてくれたら嬉しいです。言葉にはできないですからね、そういう意味では裕翔くんも私達とは違う意味で苦しんでいるのかもしれません。


ゆっくり進んでいけたらいいなあと思います。裕翔くんも、それから裕翔くんを応援している多くの方々も。
暫くはこの何とも言えない気持ちを抱えながら、いつか笑い話にできると信じて。