思惑の落し穴

恋はすべてどこまでも片思いだ。

NYLON 201602

アイドルが書き、アイドルが演じる。

62分後の衝撃は見たことのない世界。

Hey! Say! JUMPの中島裕翔が映画初主演。ジャニーズの先輩でもあるNEWS加藤シゲアキの小説デビュー作『ピンクとグレー』の大人気スター白木蓮吾役を演じる。現役アイドルが描いた芸能界の嘘とリアルを描いた話題作。



ジャンルはミステリーなのか青春群像劇なのか…。

「映画、初出演で初主演。3週間という短い撮影期間を無我夢中で駆け抜けた作品です。かなり前に原作を読んだのですが題材が今までにないようなものだし、原作を読んだだけでは正直どういった画づくりになるのか想像がつかなかったのが本音です。なのでやってみないとわからないなと思いました。芸能界の嘘とリアルが描かれた原作は芸能界に生きる人たちの少し怖いところも描かれています。芸能界の裏をどこまで演じてるかが課題だったりしたので、共演者の皆さんとはとにかくわかりやすくしようということを話しながら進めていました。行定監督を初め、型にはまらない方たちとの共演がなによりも勉強になりました。みなさんから受けるエネルギーがすごく、それに対して、僕も負けじと応える……そこで何か想像してなかったことがうまれる瞬間がとても心地よく楽しめました。

幕開けから62分後に衝撃的なシーンがあるのですが、そこから急にストーリーが変わるんです。これ以上言えませんがとにかく早く観てもらいたい。そして、この映画を観た人と話したいです。62分後だけではなく幕開け早々にも衝撃がありますし。この映画は映像もコロコロと変わるなど、カット割りもおもしろくて本当に不思議な作り方。自分でも早くこの先が観たいという気持ちになりました。最近の映画はCGや映像技術などの驚きはあったと思うのですが、今回の映画は“テクニック”での驚き。原作の内容をここまでうまく描写できる行定監督の考え方に僕は、衝撃をうけました。たぶん、いい意味で見た人すべてが行定監督の思う壺です(笑)

もしかしたら1回見ただけではわからないかもしれません。5回くらいみても、原作者であるシゲくんが伝えたかったところにはたどり着かないかもしれません。それほど深い内容になっていると思います。見終わったあとに誰かと内容について話したくなる……そんな作品だと思うので、みなさん口コミで広めてください」

 

 

QUESTION:

・最近のプライベートエピソードは?

「久しぶりになぜか親が洋服を買ってきてくれたんです。革ジャンだったりコートをもらいました」

・ハマっている食べ物は?

「今さらですが、食べるラー油。最近いただいたんです。ご飯が美味しく食べられます」

・無くてはならないものは?

「イヤホン。現場へ向かう前に、テンションを上げるために音楽が必要なんです」

・欲しいものはなんですか?

「星空を撮るための雲台です。カメラにつける三脚のようなもので、星が本当にキレイに撮れます」


 NYLON 201602